人の心を大切にする「東上セレモサービス」


葬祭ディレクター 大切な日を、誠心誠意お手伝いいたします。 「葬祭ディレクター」の高い資格所有率!あらゆる葬儀を知りつくした「葬祭ディレクター」が専従し、完全サポート。東上セレモでは「葬祭ディレクター試験受験制度」を設け、現在では新人以外ほとんどの者が「葬祭ディレクター」の資格を所有しています。知識・技能に基づいて「想い出がふくらむお葬儀」をご提案させていただきますので、どうぞご信頼ください。

HOME > お葬儀 > 葬祭ディレクター

葬祭ディレクターは、厚生労働省の認定を受けた民間資格です。

厚生労働大臣認定の「葬祭ディレクター技能審査協会」が主宰している資格制度で、葬儀従事者の技術及び技能の向上を図るため、1996年より毎年1回資格試験が実施されています。
この資格を取得するには、会場設営・式典運営等の「技能試験」と、仏事・宗教知識・相続等の法的知識に関する「学科試験」に合格しなければなりません。なお資格は、実務経験年数と受験内容により「一級葬祭ディレクター」と「二級葬祭ディレクター」に分かれています。



誠心誠意、礼を尽くして、思いやりを第一に、地域の皆さまに愛される存在を目指しています。

葬祭ディレクタースタッフ 長谷川 満延

東上セレモは「誠心誠意、礼を尽くすこと」をモットーとしています。私たちは、思いやりの気持ちを第一に、知識や技能も備わったアドバイスを心掛けておりますので、ご遺族の不安や心配を少しでも軽減できると思います。「仏事のことは東上セレモに相談すれば心配ない」と言っていただけるような地域密着のホールにすることが、今の私の目標です。


イメージ

飾り
イメージ
ご遺族のご希望を正確に把握して、「心に残るお葬儀」を、今後も企画していきたい。

葬祭ディレクタースタッフ 倉田 裕二

お葬儀の打合せや企画・立案の業務を担当しています。「心に残るお葬儀」とは、ご遺族が考えていることを、どう形として表現するかが非常に大切だと考えます。ですので、極力ご遺族の要望に添ったお葬儀を営めるよう、打合せではとにかく“分かりやすく端的に” を心掛けています。また、日々の仕事や看病などで体力的に相当疲れている方もいらっしゃいますので、時間的な面なども気を使っています。


飾り
当たり前のことでも真摯な気持ちで行うことで、心がこもったサービスとなるように心掛けています。

葬祭ディレクタースタッフ 坪倉 英樹

形式だけのお葬儀ではなく心のこもったものにしたい。そんな思いでお手伝いしています。先日、喪主の方から「細かいところまで気配りの行き届いた対応をしていただいて、ありがとう」と言っていただきました。でも、私は当たり前のことをしているだけ。特別なことをしているわけはないんです。今後も初心を忘れずに、やりがいのあるこの仕事を続けていこうと思います。

イメージ

飾り
イメージ
ご自宅のようにくつろげる空間をつくるために、わたしたちは“影”になってお手伝いします。

葬祭ディレクタースタッフ 佐竹 由美

私がこの仕事を選んだのは、「人生の最後のお手伝い」が出来るからです。ご遺族の方々が故人との最後のお別れをするのに相応しい空間をつくり、きめ細やかなサービスの提供ができるよう心がけております。セレモニーホールのスタッフとして、ご遺族ご親族だけに限らず、ご来館頂く皆様に、親切・丁寧に対応させていただきます。すべてにお客様から、“東上セレモのお葬儀はすばらしい” とお褒めの言葉がいただけるよう、そして私自身、最高のサービスを提供できるよう心がけてまいります。


飾り
一人ひとりの想いを汲み取れるように努めて、“その人となり”が滲むお葬儀にしてあげたい。

葬祭ディレクタースタッフ 倉元 努

毎日のようにお葬儀に携わっていますが、送る方も送られる方もすべて違うということを、常に頭において対応しています。“その人となり” を物語るお葬儀にしてあげたいという気持ちから、ご家族からたくさんのお話を伺いながら取り組んでいます。三回忌や七回忌など、月日がたった後でも、法事の際にご連絡をいただき、ご家族や親戚の方と故人について話したこともありました。

イメージ

飾り
イメージ
ご希望に合ったお葬儀を、私たちが心を込めて、お手伝いすることが信念です。

葬祭ディレクタースタッフ 服部 守

東上セレモは、「葬祭ディレクター試験受験制度」や、社内研修を通じ、お葬儀のプロフェッショナルを育成し、お客様のご要望に出来る限り応えられるよう取り組んでおります。故人、ご遺族の意見を尊重し、ご希望に合ったお葬儀を、これからも提案していきたいと思っております。


東上セレモ24時間 365日受付 お気軽にお電話でお問合せください tel.048-472-6136お問合せまたは資料請求はこちら